相続税を軽減したいのであればまずは税理士に相談

相談する相手として税理士は

相続させることができる財産があるのはとてもよいことであるといえるでしょう。しかし、税金対策もしたほうがよい、ということになります。では、一体誰に相談をすればよいのか、といいますとまずは税理士でしょう。税理士であれば税務のスペシャリストですし、かなり安心して相談をすることができるようになります。当たり前ですが、お金がかかることではありますが、それでもそれ以上のメリットがあればほぼ問題ないことでしょう。

どんな行為が相続に対してできるのか

相続行為ですが、税金がかかるのは資産があるからです。では、どうすればよいのか、といいますと相続財産を抑えることがベストでしょう。つまりは、先に渡しておくのです。それが出来るのであればとりあえず最も良いことであるといえますから、やってみるべきでしょう。贈与といっても適当にやるのではなく、キチンと非課税枠でやることです。それが贈与税の非課税枠である、110万円という枠になります。これを生かしきることが大事になるでしょう。

不動産を購入することによって

不動産を購入することによって節税対策になることがあります。そのあたりのことも含めて税理士と話をするとよいでしょう。しかし、いうまでもありませんが、実は相当にリスキーなことでもあります。何故かといいますと要するに投資をするのと同じような状況になるからです。それでもやるのであればそれはそれで悪いことではないでしょう。上手くすれば相当に良い節税となる可能性があるからです。しかし、あくまでそれは自己責任になります。

相続の申告を税理士さんに任せると、節税の観点から、生前からしておいたほうが良いことをアドバイスしてくれます。